デザインファイルのバージョン管理ができる「Pixelapse」!バックアップとして使うと便利

  • あとで読みたい人は…

ムシムシしますね、@cappeeです。

デザインの修正があって、「もしかすると前のデザインも使うかもしれないからファイル名変えてとっておこう。」って時結構ありますよね。

あと、大幅にデザインがかわるので念のため新旧で残しておくとか。

そんなことをしているとこんな感じで日付がついたファイルがたーくさんできてしまうのです。

156e21a0ac79a21a3da6d62a4ff6370d デザインファイルのバージョン管理ができる「Pixelapse」!バックアップとして使うと便利

もっとファイルをキレイに管理できないもんか。。

そこで、「Pixelapse」の登場です。

「Pixelapse」でバージョン管理

 デザインファイルのバージョン管理ができる「Pixelapse」!バックアップとして使うと便利

Pixelapse」とはデザイナー版Dropbox+GitHubのようなもので、pngやpsdなどのファイル管理差分があった時のバージョン管理ができます。(以前は招待制だったようです)

Pixelapse 1024x584 デザインファイルのバージョン管理ができる「Pixelapse」!バックアップとして使うと便利

フォルダをつくって公開・非公開の設定も可能です。

Pixelapse1 デザインファイルのバージョン管理ができる「Pixelapse」!バックアップとして使うと便利

ファイル名が違うとキャプチャ付きの一覧で表示されます。

Pixelapse2 デザインファイルのバージョン管理ができる「Pixelapse」!バックアップとして使うと便利

ファイル名をクリックするとどのくらい変更があったか、変更されたファイルのデザインをプレビューで見ることができます。便利!
ただし自動的にファイル同士を比較して差分を表示してはくれませんので、目視での確認が必要になります。

過去のデータをダウンロードできるので、デザインを元に戻すなんてことも簡単です!

Pixelapse3 デザインファイルのバージョン管理ができる「Pixelapse」!バックアップとして使うと便利

アプリケーションをインストールすればローカルフォルダのように保存できるのでとても便利です。
私のWin7の環境だとパソコンを終了するときに、アプリのエラー表示がでるようになったので(なぜ。。)、スタートアップにはせず、使う時だけ起動するようにしてます。

私はバックアップ的な形でキリのいいタイミングで「Pixelapse」に保存して使用していますが、下記でも紹介されているように常に「Pixelapse」でデザインファイルを保存しておけば、万一上書きしてしまった際の救世主にもなります。
ただし、その分リビジョン(履歴)がたくさんできてしまうため容量の問題も発生してしまいますのでご注意ください。現時点では容量制限の記載はないみたいです。
もうPSDは無くさない!デザイナー版GitHubのPixelapseはうっかりデザイナーの救世主!

Dribbleのように作品を公開することもできるので、ポートフォリオのように使うこともできますね。

サーバー大丈夫なのかなって勝手に心配してますが、こういう便利なサービスがあるのは非常にありがたいです。

Pocket
article clipper デザインファイルのバージョン管理ができる「Pixelapse」!バックアップとして使うと便利

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>