FTPで大量のファイルをアップロード&ダウンロードするのに最適なフリーソフト「Filezilla」

  • あとで読みたい人は…

こんにちは、@cappeeです。
本年もよろしくお願いします。

新しい年になったのでブログのサーバー移行を試みました。

サーバー移行の際にWordPressのファイルを大量にアップロード&ダウンロードする必要があるため、通常使用しているDreamweaverではなく、最適なソフトを探して使用してみることにします。

色々と調べて試してみた結果、自分的に最適だったのはフリーソフトの「Filezilla」でした。

インストール方法から最低限の設定などメモしておきます。

WordPressのサーバー移行方法は下記をご覧ください。

WordPressのサーバー移行方法

Filezillaで大量のファイルをアップロード&ダウンロード

1)FileZillaをダウンロード

下記のFileZilla公式サイトより「Download FileZilla Client」を選択しダウンロードします。ファイルをダブルクリックして画面の表示に従って進んみインストールしてください。なにも設定しなくても日本語版が表示されます。

FileZilla

※以降のキャプチャはFileZilla Client 3.6.0.2です。

2)サイトマネージャを開く

FileZillaを開くとこんな感じの画面が表示されるので、左上の「サイトマネージャ」ボタンをクリックしてください。

filezilla FTPで大量のファイルをアップロード&ダウンロードするのに最適なフリーソフト「Filezilla」

3)サイトの設定を追加

サイトマネージャの「新しいサイト」をクリックしサイト名を入力後、「一般」タブの下記を入力します。

  • ホスト:FTPサーバー名
  • ログオンの種類:通常
  • ユーザ:FTPユーザー名
  • パスワード :FTPパスワード

filezilla2 FTPで大量のファイルをアップロード&ダウンロードするのに最適なフリーソフト「Filezilla」

次に「詳細」タブをクリックし、下記を入力し「接続」ボタンをクリックします。

  • 既定のローカルディレクトリ:自分のパソコンのアップロードするデータがあるフォルダ
  • 既定のリモートディレクトリ:サーバー上にあるアップロードしたいフォルダ
    例)/cappee.net/public_html/
  • 同期ブラウジング使用:
    一番最初にあるキャプチャを見るとローカルとリモートの場所は左右に別れて表示されますが、どちらかのディレクトリを変更した場合にもう一方のディレクトリも自動的に変更する場合はチェックを入れます。(個人的には入れたほうが便利です。)

filezilla3 FTPで大量のファイルをアップロード&ダウンロードするのに最適なフリーソフト「Filezilla」

4)ファイルをアップロード&ダウンロード

一番最初のキャプチャにある右側のローカルサイトからリモートサイトへファイルをドラッグするとアップロードします。逆だとダウンロードです。ファイルを右クリックでも可能です。

相手先に同じ名前のファイルが存在した場合、その動作を確認するポップアップが表示されますので目的に応じてチェックしてください。個人的には「サイズが異なるか元のファイルが新しければファイルに上書き」+「常にこのアクションを利用する」にチェックが一番楽ちんだと思います。

5)タイムアウトの時間を設定

大量のファイルをアップロード&ダウンロードした際にタウムアウトで途中で終了していたということがあるため、タイムアウトの時間を変更しておきます。

「編集」→「設定」→「接続」→「タイムアウト」の項目を300秒程度に設定します。

6)パーミッションを変更

WordPressファイルをダウンロードしたときにエラーになるファイルは大体がパーミッションの設定が原因かと思います。

リモートサイトから該当のファイルを右クリックし「ファイルのパーミッション」を選択します。

filezilla4 FTPで大量のファイルをアップロード&ダウンロードするのに最適なフリーソフト「Filezilla」

チェックボックスでも数値で設定してもOKですので、うまくダウンロードできたファイルのパーミッションを確認して同じように設定すれば間違いないかと思います。

Pocket
article clipper FTPで大量のファイルをアップロード&ダウンロードするのに最適なフリーソフト「Filezilla」

One thought on “FTPで大量のファイルをアップロード&ダウンロードするのに最適なフリーソフト「Filezilla」

  1. Pingback: 消滅したブログのデータが(ほぼ)復活!で嬉しいぞ!! | 歳月庵

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>