ID ManagerからKeePassへパスワード簡単移行!さらにWin/Macなどマルチデバイスに対応する方法

  • あとで読みたい人は…

毎日猛暑、@cappeeです。

前回こちらの記事を書きました。
KeePassを使いWinとMacでパスワードを一元管理するシンプルな方法

今回は、マルチデバイスでの共有とさらにID ManagerからKeePassへパスワードの移行を考えている方向けとなります。

では、さっそくいきましょう。

KeePass Password Safe のダウンロードと日本語化

KeePass Password Safe」の「Classic Edition」をインストールします。インストール画面はずっと「次へ」を押していれば大丈夫です。

KeePass Password Safe ID ManagerからKeePassへパスワード簡単移行!さらにWin/Macなどマルチデバイスに対応する方法

次に、「日本語ファイル」をインストールします。

KeePass Password Safe1 ID ManagerからKeePassへパスワード簡単移行!さらにWin/Macなどマルチデバイスに対応する方法

zipファイルを解凍すると「Japanese.lng」ファイルがありますので、それを下記のディレクトリへ置いてください。

C:\Program Files\KeePass Password Safe

Winの64bit版で「Program Files(x86)」にインストールした場合、「Japanese.lng」ファイルを移動しようとすると「書き込みエラーが発生しました」と表示されることがあります。

もしそうなった場合は、インストールした「KeePass Password Safe」フォルダをまるごと「Program Files」の方に移動してから「Japanese.lng」をコピーすれば大丈夫です。

次に「KeePass.exe」を起動します。起動するとマスターキーの設定画面が表示されるかと思いますので、KeePassを使用する時に入力するパスワードを登録します。(パスワード管理用のパスワードということです。)

KeePass Password Safe3 ID ManagerからKeePassへパスワード簡単移行!さらにWin/Macなどマルチデバイスに対応する方法

次に画面上部の「View」→「Change Launguage…」を選択します。

KeePass Password Safe2 ID ManagerからKeePassへパスワード簡単移行!さらにWin/Macなどマルチデバイスに対応する方法

Japanese」を選択すると日本語化されます。

ID Managerからのエクスポート

エクスポートする前に、「ID Manager」のデータの調整を行います。

「ID Manager」の項目である「Title」「Account ID」「Password」「URL」「コメント欄」以外に入力した内容はなくなってしまうので、それ以外で必要な箇所は予め「コメント欄」などへ移しておきます。

完了したら、データのエクスポートです。

「ファイル」→「データのエクスポート」→「XMLファイルへの書き出し」を選択し、適当な場所へ保存します。

ID Manager ID ManagerからKeePassへパスワード簡単移行!さらにWin/Macなどマルチデバイスに対応する方法

KeePassで読み込み可能なデータへ変換

KeePassで読み込み可能なデータへ変換するためのありがたいソフトがあるのでそれを使用します。

IDM2KeePass」をダウンロードして「IDM2KeePass.exe」を起動してください。

KeePass XML(1.x)」を選択し、「変換」ボタンをクリックするとファイル選択画面が表示されますので、先ほど「ID Manager」でエクスポートしたXMLファイルを開きます。

IDM2KeePass ID ManagerからKeePassへパスワード簡単移行!さらにWin/Macなどマルチデバイスに対応する方法

次に変換後の保存先を聞かれるので、これも適当な場所へ名前をつけて保存します。保存する際自動でつかないので「.xml」の拡張子もつけるようにしましょう。

KeePassへのインポート

インポートの前にパスワードを保存するデータベースを作成します。

「ファイル」→「新規データベース」をクリックし、マルチデバイスで使用する場合はDropboxへKDBファイルを保存します。

次に「ファイル」→「インポート」を選択すると、XMLファイルを選択する項目がありません。

その他のインポート用プラグインを取得」を選ぶとブラウザでプラグインページが開きます。

KeePass Password Safe4 ID ManagerからKeePassへパスワード簡単移行!さらにWin/Macなどマルチデバイスに対応する方法

VariousImport 」をインストールして日本語ファイルと同じように「C:\Program Files\KeePass Password Safe」へ保存します。

KeePass Password Safe5 ID ManagerからKeePassへパスワード簡単移行!さらにWin/Macなどマルチデバイスに対応する方法

「KeePass」を再起動するとXMLファイルを読み込む項目が増えていますので、一番下の「Import KeePass 1.x XML File…」をクリックして、先ほど変換したXMLファイルを選択します。

KeePass Password Safe6 ID ManagerからKeePassへパスワード簡単移行!さらにWin/Macなどマルチデバイスに対応する方法

すると「ID Manager」のパスワードがすべて移行されました!

KeePass Password Safe7 ID ManagerからKeePassへパスワード簡単移行!さらにWin/Macなどマルチデバイスに対応する方法

マルチデバイスでパスワードを共有

Mac版は「KeePassX」をインストールします。

ただし、公式だと自動入力がないので、必要な場合は有志がつくった「KeePassX 自動入力版」をインストールしてください。

Win、Macの他にも下記のようなデバイスに対応していますので、必要に応じて導入してみてください。

  • iPhone/iPad … MiniKeePass
  • Android … KeePassDroid
  • USBメモリ … KeePassPortable

パスワードを共有する方法は先程Dropboxに保存したデータベースのKDBファイルをマルチデバイスで開くだけです!

前回の記事に詳しく「KeePass」の使い方や共有方法などを記載していますのでぜひご覧ください。

KeePassを使いWinとMacでパスワードを一元管理するシンプルな方法

Pocket
article clipper ID ManagerからKeePassへパスワード簡単移行!さらにWin/Macなどマルチデバイスに対応する方法

5 thoughts on “ID ManagerからKeePassへパスワード簡単移行!さらにWin/Macなどマルチデバイスに対応する方法

  1. 記事のご紹介有難うございます。

    Windowsのパソコンがクラッシュしたのですが、MacBookAirも使っており、Windowsのパソコンが頻繁にブルースクリーンになるので、MacBook AirでのID管理をしたいと思っています。
    上記のように、Windowsのパソコン上でID managerからIDM2KeePassを使って、Windowsのパソコン上ではKeePassへデータ移行できました。

    しかし、MacBook Airでは、KeePassXでも自動入力可能なAutoTypeでも、Windowsのパソコン上では移行できた.xmlファイルを使用しようとすると、「構文解析エラー」と出て、データ移行ができません。

    IDM2KeePassは.exeファイルで、Windowsのパソコンでしか動きませんし、どこが間違っているのでしょうか。

  2. IDM2KeePassで「KeePass XML(1.x)」を選択すれば大丈夫だと思うのですが。。
    私もMacBookAirですが問題なくできたのでもう一度漏れがないか確認して試してみてください!

  3. このページのお陰さまでWin-Mac-Androidの連携ができました!ありがとうございました。
    「ID Managerからのエクスポート」について気づいたことがあり、コメントさせていただきます。

    ID Managerの起動パスワードを設定していると、KeyPassにインポートする段階で「xmlファイルへのアクセス権がない」として失敗するようです。(KeyPassと同じパスワードなら問題ないのかもしれません)
    エクスポートする前に、起動パスワードを解除(設定 – 設定 – メイン設定 – パスワード で、新しいパスワードを空欄にする)しておくと成功しました。

    • 返信遅くなりました!
      なるほどーそういうことも起こるんですね。
      情報提供ありがとうございます!

  4. このページのおかげで,無事移行できました!どうもありがとうございました.
    MavericksとParallels Desktop上のWindows 8.1でやりましたが,問題なかったです.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)