シンプルなURLにしよう!新しいサイトをつくったら設定する.htaccess

@cappeeです。

ドメインを取得して新しいサイトをつくったら、SEO的にもURLの最適化を必ず行うべきです。

最近ではシンプルなURLが主流で、シンプルにしたからといってSEO的なペナルティなどもありまえんので、ユーザーに覚えてもらいやすいURLにした方がいい。というわけで、「.htaccess」を使います。

シンプルなURLにする

ここでいうシンプルなURLとは例えば下記のように、wwwなしで統一し、ファイルの拡張子もなくしてしまうURLのことです。シンプルなURLにするために「.htaccess」でリライトを指定します。

長いURL

http://www.cappee.net/category/name.php

シンプルなURL

http://cappee.net/category/name

.htaccessとは

Webサーバ(Apacheなど)で使用できるディレクトリ単位で動作を制御するためのファイルです。

Windowsエクスプローラーのデフォルトの設定では隠しファイルとなって見えない可能性があるので、下記を参考に見えるように設定してください。

Windows の隠しファイルや隠しフォルダーを表示する方法

また、「.(ドット)」がファイル名の最初につくのでテキストエディタなどで保存できない場合は、「htaccess.txt」などでアップしてからリモートでファイル名を変更すれば大丈夫です。テキストファイルで以下のように記述してみてください。

.htaccessでの指定

結論から言うと以下のような設定をします。コメントにある通り、シンプルなURLにする指定とページがないURLにアクセスした場合の404ファイルを指定しています。

Options +FollowSymLinks
RewriteEngine on
# wwwなしURLに301リダイレクト
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^www.cappee\.net
RewriteRule ^(.*)$ http://cappee.net/$1 [R=301,L]
# indexファイルの場合/にリライト
RewriteCond %{THE_REQUEST} ^.*/index.php
RewriteRule ^(.*)index.php$ http://cappee.net/$1 [R=301,L]
# php拡張子なしでもアクセス
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME}\.php -f
RewriteRule ^(.*)$ $1.php
# 404ファイル
ErrorDocument 404 /404.php

上記は拡張子がphpだった場合のリライトですが、htmlの場合は拡張子を書き変えてもらえれば大丈夫です。

Pocket
article clipper シンプルなURLにしよう!新しいサイトをつくったら設定する.htaccess

WordPressのドメイン、wwwあり・なしを変更する方法

@cappeeです。

面倒そうだったので後回しにしていたWordPressのドメイン変更が、わりと簡単だったのでそのメモです。

私の場合は、ドメイン自体を変更したのではなく、wwwありからwwwなしに変更しました。( http://www.cappee.net → http://cappee.net)

とてもスッキリして清々しいです。

WordPressのドメインを変更する方法

ドメイン転送の確認

私のようにwwwあり・なしで設定したい場合、取得したドメインサービスの方で転送設定をしている可能性があるので、まずはそれを解除しておきます。

XREAの場合、下記の転送設定のところに何も記載しないで保存します。(なお、サーバーは今後以降予定です。)

wp domain WordPressのドメイン、wwwあり・なしを変更する方法

WordPressデータの移動

新しいドメインへWordPressデータを移動、またはwwwありのフォルダからwwwなしのフォルダへデータを移動します。WordPressのデータは重いので、私の場合はフォルダ名をwwwなしに変更してしまいました。

アドレスを変更

変更が必要なのは2点、「WordPress アドレス (URL)」と「サイトアドレス (URL)」です。ただし、管理画面から変更してしまうと管理画面も新しいアドレスに変更されてしまいログインできない場合がありますので、phpMyAdminかwp-config.phpで直接変更します。

phpMyAdmin

phpMyAdminで最初に設定したデータベース名を開き、「wp_options」テーブルを表示します。「option_name」の下記に新しいアドレスを設定します。

  • siteurl…WordPress アドレス (URL) 例:http://cappee.net/wp
  • home …サイトアドレス (URL) 例:http://cappee.net

wp-config.php

WordPressデータの直下にある wp-config.php を開き、下記の2行を追加してアップする。

define('WP_SITEURL', 'http://cappee.net/wp');
define('WP_HOME', 'http://cappee.net');

新ドメインに転送する

ドメインを引っ越ししたら古いドメインへアクセスした場合、301リダイレクト(恒久的な転送)をしてGoogleの検索エンジンにサイトを引っ越ししたことをお知らせします。一定期間リダイレクトさせるために古いドメインもある程度維持しておいて計画的にドメイン移行した方が今まで頑張ったSEOが引き継がれます。古いドメイン301リダイレクトに関しては下記をご覧ください。

サイトリニューアル時の301リダイレクト、.htaccess記述方法いろいろ

管理画面から転送する場合の注意点

wwwの変更だけ行った場合、下記のようにドメインサービスの管理画面から転送の設定を行えますが、XREAの場合、管理画面からの転送は302リダイレクト(一時的な転送)になってしまいました。

wp domain2 WordPressのドメイン、wwwあり・なしを変更する方法

下記のチェックツールに旧ドメインをいれると、リダイレクト方法が確認できます。

Search Engine Friendly Redirect Checker

もし管理画面の転送設定で301以外のリダイレクトだった場合は、管理画面の設定を解除して、上記と同じく「.htaccess」で301リダイレクトをしてください。wwwなしの場合は下記のように変更してドメインを記述し、転送したいドメインのフォルダ(wwwありのフォルダ)に保存してアップします。

RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^(www.cappee\.net)(:80)? [NC]
RewriteRule ^(.*) http://cappee.net/$1 [R=301,L]

WordPressを使用している場合、indexファイルを/に飛ばす指定の下の2行は元々設定してあるので記述しなくても問題ありません。

RewriteCond %{THE_REQUEST} ^.*/index.html
RewriteRule ^(.*)index.html$ http://cappee.net/$1 [R=301,L]

以上でドメイン変更完了です。

Google ウェブマスター ツールに追加

wwwあり・なしの変更であってもGoogleの検索エンジンからは”別ドメイン”という扱いになっているので、「Google ウェブマスター ツール」の右上「サイトを追加」から今回新たに設定したwwwなしのドメインを追加し、表示された内容に従ってサイトの確認を行います。

確認が完了したら、右の[設定]→[設定]→「使用するドメイン」で、「URL を (wwwなし) と表示」にチェックをして保存すれば完了です。

953bafdd1b7bd2f550508504b871d57d WordPressのドメイン、wwwあり・なしを変更する方法

Google Analyticsを変更

Google Analytics」にログインし、右上の「アナリティクス設定」をクリックしたら、「プロファイル」や「プロパティ」のURLを変更します。

「プロパティ設定」には「ウェブマスター ツールの設定」があるので、新しいドメインの方を関連付けておきます。

ドメインを変更した際の修正は以上ですかね。

いずれにせよ、ドメインは変更がないように予めちゃんと決めておくことが大事だということ。

Pocket
article clipper WordPressのドメイン、wwwあり・なしを変更する方法

バリュードメインで取得したドメインをエックスサーバーで設定してからWordPressでサイトを公開するまで

こんにちは、@cappeeです。

この度、『XSERVER(エックスサーバー) バリュードメインで取得したドメインをエックスサーバーで設定してからWordPressでサイトを公開するまで』を契約したので、もともと『VALUE DOMAIN(バリュードメイン)』で取得していたドメインを設定しようと思ったんですが、ひとくせあるのでやっぱりGoogle先生にきくことにしました。

その際に参考にした記事をWordPressでサイトを公開するまで一連でメモります。

バリュードメインで取得したドメインをエックスサーバーで設定

通常のDNSの設定ではなく、「ダイナミックDNSの設定」が必要のようです。

一括で設定も可能ですのでこちらを参考にさせていただきました。

バリュードメインの独自ドメインをエックスサーバーへ設定

1時間くらいすると表示されるかと思います!

wwwありドメインをwwwなしドメインに転送する

SEO的にどちらに転送しても効果は同じですが、検索エンジンに別サイトと認識される可能性があるのと、被リンクを統一するということでも設定しておきたいですね。

Xreaのサーバーだとwwwありドメインをwwwなしドメインに転送したい場合は設定しないといけなかったんですが、エックスサーバーのサーバーパネル、「サイト転送」をみるとwwwなしドメインをどこかに転送する設定しかできないっぽい。

検索してもそれっぽいのがなかったのですが、そもそもWordPressをインストールすると設定画面で指定したURLが優先されるそうで、やってみたらサーバーパネルで設定しなくてもちゃんとwwwなしに転送されたので一安心。

WordPressを使用しないという場合は.htaccessを使用して設定するのかな?こちらが参考になりそうです。

ホームページアドレスを「WWWあり」に統一する方法(301リダイレクト)

WordPressを簡単インストール

サーバーパネルの「自動インストール」から「プログラムのインストール」をクリックし、WordPress 日本語版の「インストール設定」ボタンを押します。

その後に表示された入力フォームにドメインなどを記載して進むとあっという間にもう完了!

wordpress用のフォルダにインストールしたサイトをトップページで表示したいという方は以前書いた「【初心者向け】WordPressを使ってゼロから1時間でブログを公開する方法」の「WordPressの設定」をご覧ください。

固定ページをホームで表示する

今回はブログではなくコンテンツサイトとしてつくりたかったので固定ページをホームとして表示します。

こちらを参考に設定させていただきました。

フロントページに固定ページを表示

 

以上でとりあえずのサイト表示は完了ですね!

私が今使用しているサーバーです。もし検討している方は機能ご覧ください。

XSERVER(エックスサーバー)

Pocket
article clipper バリュードメインで取得したドメインをエックスサーバーで設定してからWordPressでサイトを公開するまで