はじめて会社の確定申告をしてわかったこと

  • あとで読みたい人は…

ゴーヤの実が少し大きくなって嬉しい、@cappeeです。

先々月で1期目の決算を迎え、昨日無事に会社の確定申告をすべて済ませました。

はじめて会社の確定申告をしてわかったことや注意点などメモしておきたいと思います。

対象は、私のように一人や少数で会社をやっていて、自分で決算を行い、確定申告をしようと思っている方になります。

e-taxの利用について

 はじめて会社の確定申告をしてわかったこと

法人を新設した際や決算時期が近づくと、管轄の税務署から色々な書類が届くかと思います。

その中に必ずと言っていいほど入っているのが「e-tax」の利用をすすめるチラシです。

e-taxとは、国税の各種手続きをインターネットから行えるシステムです。

Webのお仕事してるし、個人の確定申告もe-taxでやったことあるから、会社の確定申告もe-taxでやろうかな。なんて考えていました。

(ちなみに、個人の確定申告をe-taxでやる方法は「e-taxで確定申告する方法まとめ」をご覧ください。)

税金そんな甘くない。

e-taxは、何度も確定申告の経験をして、もう聞かなくても大丈夫、くらいのレベルになったら使うもの、と覚えておきましょう。

e-taxについて調べる時間もかかる上に使いづらく、記入方法もわからないのでは話になりません。

税務署の方も実際そんな感じでしたが、法人会のセミナーなどではしつこく宣伝してきます。それだけの開発費用がかかったのでしょう。。

税務署について

法人税(国税)についてわからないことがあったら、管轄の税務署で詳しく教えてくれます。

ネットで調べてもわからなかったら、電話か足を運んで聞いてみましょう。

確定申告する時もたくさんの書類を準備する必要があり、ぱっと見ただけではどこに何を記載していいかわかりません。

決算が済んでいれば、決算書と確定申告の書類、印鑑を準備して、税務署に持って行くと書き方を教えてくれます

決算書は、貸借対照表や損益計算書などの書類のことで、一般的な会計ソフトなら決算書をプリントする機能があるはずです。

そのほかに別途計算が必要な租税公課や受取利息などの仕訳もプリントするように言われると思います。

教えてもらう場合、ほとんどで予約が必要かと思いますので、まずは管轄の税務署に電話して訪問する日時と持っていく資料などを確認してみてください。

もし赤字で税金を支払う必要がなくても、赤字である申告と、金額ゼロの納付書を税務署に提出しないといけませんのでご注意ください。

税金は決算日から2ヶ月以内に支払う必要があるので、下記の法人事業税等の申告も逆算して早めに行なってくださいね。

国税局・税務署を調べる

都税・県税事務所について

税務署だけを意識しがちですが、都税・県税事務所での地方税の申告も忘れてはいけません。

税務署での申告が終わったら、国税申告の控えと地方税用の確定申告の書類、印鑑を持って都税・県税事務所へ行きましょう

準備する書類などは行く前に念のため管轄の事務所へ電話して確認した方がいいかもしれません。

申告書類の記入方法がわからなければ、窓口でその旨伝えると教えてくれます。

赤字であっても均等割の7万円は必ずかかりますので、近くの銀行などで支払ってください。

新設法人で1期の決算日まで12ヶ月たっていない場合は、7万円を月割するかたちになります。

管轄の事務所ですが、世田谷区の場合、固定資産税や納税証明書については世田谷都税事務所、法人事業税・地方法人特別税・法人都民税については渋谷都税事務所と、内容によって場所がかわる可能性がありますのでご注意ください。

都税事務所等一覧

決算について

確定申告する前にまずは決算業務です。

私の場合、クレジットカードの明細を見ないとわからないような支払いもあったので、決算日から1ヶ月おいて決算業務をやりました。

棚卸とかもないし、決算って何したらいいの?って感じですよね。

私が最終チェックで調整したポイントを書いてみたいと思います。プロではないので、心配な方は税理士さんへご相談ください。

会計ソフトで貸借対照表を見てみてください。

創立費・開業費

「創立費」と「開業費」は、「繰延資産」か「営業外費用」で処理することができます

私の場合、会計ソフトのデフォルトの「創立費」「開業費」科目を使ったら繰延資産でした。

繰延資産にしておくと、「5年以内のその効果の及ぶ期間にわたって、定額法により償却(月割償却)をしなければならない」ですし、最初のうちは利益を抑えて節税したいという方も多いでしょうから、その場合は業外費用」で処理します。

繰延資産になっている場合は、「創立費」「開業費」科目を「営業外費用」へ移動するか新たに科目をつくって調整してみてください。

詳しくはこちらをご覧ください。
創立費と開業費

ソフトウェアなどの固定資産

Web関係だと何かしらのソフトは絶対必要ですよね。

ただし、安易に「ソフトウェア」という科目で処理してしまうと「固定資産」になってしまいこれまた償却が必要になります。

ソフトを購入したり、クラウド化により月額でソフトを使用していた場合、取得金額が30万円未満であるかどうかを確認してください。

資本金1億円以下の中小企業であれば少額特例により30万円未満は即時償却が可能ですので「消耗品費」として処理することができます。

詳しくはこちらをご覧ください。
パソコンソフトの勘定科目

以上で資産となっていたものを調整し、即時償却することで損金算入(経費)することができました。

赤字であっても欠損金の繰越制度により最大9年間繰越(平成20年3月以前は7年間でした)できますし、自分で会計をやっている場合は仕訳をよりシンプルにしたいですので、即時償却可能なものは早めに経費として処理するのがいいかと思います。

小さな法人であれば自分で確定申告もできますので、恐れずにチャレンジしてみてください!

Pocket
article clipper はじめて会社の確定申告をしてわかったこと

3 thoughts on “はじめて会社の確定申告をしてわかったこと

  1. 初めまして。

    法人を立ち上げて1期目の決算がきました。様々なアドバイスをいただいて、頭が混乱し、お金も出て行きました。そんな時に、こちらを拝見しました。

    親切丁寧に、求めている内容がこちらにはございました。

    設立するのに設立費というのでしょうか、借り入れ金が多く、まだまだ返済が続きそうです。

    コンサルタントにカードローンでもいいから借り入れて立ち上げるのが良い!と勧められ、カードローンで借りられることが信頼に繋がるとか…その時は説得力がありましたので信じた私に問題がありました。

    その費用をどこの科目に持ってきて、赤字として提出するのだろうか?と、悩んでいます。

    法務局なりに問い合わせして、キチンと伺うのがよろしいですね。私は今は1人で動いております。ローン返済のために動いております。必要科目は、ほぼ無いほどです。借入金と返済金をどう表記するのか、頑張って作成して提出できればと思います。

    参考にさせていただきます。何かアドバイスいただける内容がございましたら、教えてください。

    この度はありがとうございます。

    • メッセージありがとうございます。
      起業は失敗も多く私も色々と勉強させられました。
      税務署なども遠い存在だと思ってましたが、わからないことは電話でも教えてくれますし、聞いてしまうのが一番早くて確実ですね。
      お互いにがんばりましょう(*^_^*)

  2. Pingback: 税金関係めも

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)