【初心者向け】WordPressを使ってゼロから1時間でブログを公開する方法

  • あとで読みたい人は…

ひっさしぶりにWordPressをインストールしたので、メモとして全くのゼロの状態(ドメイン取得、サーバー設定、メール設定)からブログを公開するまでの手順を書いておきます。最低でもドメイン代380円~年間でかかりますがとってもお手頃です。

WordPressとは

WordPressとは、簡単に言うと無料でブログやウェブサイトを作れてしまうとっても便利なツールです。

将来的にブログを色々とカスタマイズしたい!とか、アフィリエイトに挑戦してみたいとかっていうのがなければ、会員登録するだけでブログができるアメブロなどをオススメします。

今回は、VALUE-DOMAINを使ってドメインを取得し、同じ系列のXREAでサーバーをレンタルしてブログをつくりたいと思います。選んだ理由は安いのと以前触る機会があって私が慣れているからです!

ドメインとサーバーはサービスがたくさんあるので、使用しているものがあればそこのヘルプをみて挑戦してみてください。

【9.28追記】
初心者の方がサーバーをレンタルしてWordPressを使用する場合、XREAではなく「PHPセーフモード」が解除できるサーバーの方がいいかと思います。詳しくは下記をご覧ください。
WordPressにお勧めなレンタルサーバー

「PHPセーフモード」は新規ディレクトリを作成できないなどの問題点がありますが、XREAでも回避方法はあります。
ひとつはリモート側に自分でフォルダを作成して権限(707)を付与する方法。
もうひとつは「CGIモード」で動かす方法です。こちらは下記に詳しく明記されていますのでご覧ください。
XREA・CORESERVER.JP にて CGIモードで動かす場合(まとめ) 

ドメインを取得する

ドメインとはウェブサイトの住所のようなものです。このブログだと「cappee.net」がドメイン(URL)ということになります。ドメインを取得できるサイトは色々あるので調べてみてください。

VALUE-DOMAIN」を使う場合はサイトを開くとドメインの価格表が表示されています。割引もされているのでどれを取るか迷うところですが、安いのでいいかなと思います。

まずはこちらよりユーザー登録をしてください。

次に「空きドメイン」を探します。「www.blogblogblog.com」というドメインを取得したい場合は、左側に『blogblogblog』と入力し、右の『.com』にチェックをします。

空きがあれば「取得する」リンクをクリックして進みます。「ドメイン登録」の情報を確認して問題がなければ「不足金額(●円)のご入金について」のリンクをクリックしてクレジットカードで決済をします。

ドメインを取得すると『WHOIS』といって誰のドメインかを誰でも見ることができますが、個人情報を伏せたい場合は「名義を代理公開する」のリンクをクリックしてOKを押してから「登録」ボタンを押してください。

これでドメインを購入できました。反映まで数時間かかると書いてありますが、だいたい30分くらいで反映すると思います。

こちらのヘルプページもご覧ください。

サーバー、メールの設定

ドメインを取得したらウェブサイトに公開する情報を格納しておくためにサーバーが必要になります。VALUE-DOMAINと連携している「XREA」は無料でサーバーを使うことも可能なので練習には持って来いです。

ただ、サイトの上の方に広告が表示されるので、本格的にブログを運営したいという方は「COREBLOG.JP」などブログに特化したサーバーでも年額500円~レンタルできるのでとても安いですよ。

XREA無料サーバーはこちらの「登録方法」をご覧ください。

サイトに何かを表示してみる

FTP接続情報を確認

レンタルしたサーバーの管理画面などにFTP情報が記載されているかも思いますのでファイルをアップロードする設定に使用します。

XREAの場合はこちらの「サーバー設定」をクリックして入室するとサーバー関連の管理画面が表示されます。左の「FTP設定」からサーバーにデータをアップロードするための「FTP接続情報」が表示されています。

ファイルのアップロード

ファイルをアップロードするにはフリーソフトの「FFFTP」などを利用してください。わかりづらいですが、ソフトは下記の左にあるグレーの「DL」ボタンよりダウンロードできます。

FFFTPの使い方はこちらに掲載されているので、最後の方にある「ホストの設定」に「FTP接続情報」を入力してください。メイン画面にある左のローカル側がパソコンにあるファイル、右のリモート側のサーバー上のファイルが表示されます。

以下のソースコードをコピーしてテキストエディタ(メモ帳のような文字編集ソフト)を開いてください。フリーソフトの「TeraPad」がオススメです。ペーストとして「index.html」という名前でローカル側で指定したフォルダに保存します。

<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml">
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=utf-8" />
<title>Hello!</title>
</head>
<body>
<h1 style="text-align:center;">Hello!</h1>
<p style="text-align:center;">
オープンまでしばらくお待ちください。</p>
</body>
</html>

index.htmlをリモート側にドラッグしてアップロードしてください。取得したドメインで「Hello!」と表示されましたか?もし「見つかりません」となっていたらまだドメインが反映されていない可能性があるのでもうしばらく待ってください。

WordPressをインストール

WordPressファイルのダウンロード

いよいよブログ構築の部分です。下記よりWordPressのファイルをダウンロードしてください。

WordPressダウンロード

圧縮されているので解凍ソフトは「Lhaplus」がオススメです。以前他の解凍ソフトを使ったらファイル数が多いので途中でエラーになってしまいました。

解凍したら任意のフォルダ名(ここでは「wp」とつけます)に変更し、ローカル側のフォルダに移動します。wpフォルダを作成せずにフォルダ内のファイルだけを移動しても大丈夫です。

「wp-config-sample.php」というファイルがあるので名前を「wp-config.php」に変更してください。

データベースの作成

レンタルしているサーバーの管理画面にデータベースに関する項目があると思うので、データベースの作成は各ヘルプ画面を参照してください。

XREAの場合は、XREAの管理画面に入り左の「データベース」をクリックします。一番上にチェックをしてパスワードを設定(英数字が混ざった乱数がいいです)、文字コードを「UNICODE」にして「作成」を押します。

テキストエディタで「wp-config.php」を開き、以下の部分に先ほど作成したデータベース名とパスワードを入力してください。

/** WordPress のためのデータベース名 */
define('DB_NAME', 'データベース名');
/** MySQL データベースのユーザー名 */
define('DB_USER', '上記と同じデータベース名');
/** MySQL データベースのパスワード */
define('DB_PASSWORD', '設定したパスワード');

次に「認証用ユニークキー」とあるこの部分をまるごとこちらのジェネレーターで生成されたものに差し替え保存します。

define('AUTH_KEY', 'put your unique phrase here');
define('SECURE_AUTH_KEY', 'put your unique phrase here');
define('LOGGED_IN_KEY', 'put your unique phrase here');
define('NONCE_KEY', 'put your unique phrase here');
define('AUTH_SALT', 'put your unique phrase here');
define('SECURE_AUTH_SALT', 'put your unique phrase here');
define('LOGGED_IN_SALT', 'put your unique phrase here');
define('NONCE_SALT', 'put your unique phrase here');

そして、すべてのファイルをリモートにアップロードしてください。少しだけ時間がかかります。wpフォルダの中身だけでもいいですし、ブログデータを分けたい場合はwpフォルダごとでもOKです。ここではwpフォルダごとアップロードしたとして進めます。

WordPressの表示

次に「ドメイン名/wp/wp-admin/install.php」をブラウザで表示します。必要情報を入力して「WordPressをインストール」ボタンを押してください。

成功しました!」と表示されてログインできたらインストール完了です!

パチパチ~shine 【初心者向け】WordPressを使ってゼロから1時間でブログを公開する方法

WordPressの設定

このまま左の「投稿」から記事を書いてもらってもいいですが、せっかくなので設定やプラグインなど少し調整してみましょう。

サイトアドレスの設定

管理画面左の「設定」→「一般」を開きます。wpフォルダに入れてあるので、「サイトアドレス (URL)」が「http://www.blogblogblog.com/wp」となっていますが、実際に表示したいURL「http://www.blogblogblog.com」に変更します。日時の表示についても好きなもので設定してください。

※間違えて「WordPress アドレス」の方を変更するとインストールし直す必要があるので注意!

もしエラーがでた場合、FFFTPのリモートにあるwpフォルダを右クリックすると「権限」または「パーミッション」を変更する項目があると思います。それを開き「707」を指定してください。

パーミッションではファイルの読み書きできる権限を設定できます。

フォルダにWordpressファイルを入れた場合の設定

以下は、上記のようにwpフォルダなどにいれてファイルをアップした場合の設定方法です。直下にファイルを置いた場合はスルーしてください。

管理画面に戻り「設定」→「パーマリンク設定」から「共通設定」を選択します。ここでは「投稿名」にチェックして保存します。すると、「.htaccess」というファイルが生成されるはずです。

「.htaccess」は隠しファイルといいソフトによっては見えなくなっていますので、FFFTPの場合はこちらのように設定してください。ローカルでもエクスプローラーの表示設定が必要になります。

FFFTPのリモートを更新して確認ができたらwpフォルダ直下の「.htaccess」と「index.php」をコピーして、wpフォルダの外にペーストします。権限を「644」にしてください。

もし.htaccessが作成されなかった場合は「index.php」のみで大丈夫です。

wpフォルダの外にペーストした「index.php」を開き、下記のようにwpフォルダ名を追加してアップロードします。

require('./wp/wp-blog-header.php');

サイトをブラウザで表示してみると何もかわってないと思いますが、前にアップロードした「index.html」の方が優先して表示されているだけなので、このファイルはリモートから削除してもう一度確認してみてください。

ブログが表示されました!

パチパチ~shine 【初心者向け】WordPressを使ってゼロから1時間でブログを公開する方法

WordPressのテーマ

ブログのデザインが初期のままなので変更してみたいと思います。

WordPress管理画面左の「外観」から「テーマのインストール」タブをクリックします。好きな色などで検索をしてテーマを探してみてください。気に入ったら「プレビュー」をして、問題なければ「インストール」をクリックしてください。

接続情報の入力を求められるので、XREAの「FTP接続情報」を入れて「開始」ボタンを押します。

もし「ダウンロードに失敗しました。」などのエラーがでた場合は、「wp-content」フォルダとその中の「themes」フォルダの権限を「707」に変更してください。

テーマを「有効化」したらデザインが切り替わります!

パチパチ~shine 【初心者向け】WordPressを使ってゼロから1時間でブログを公開する方法

WordPressのプラグイン

WordPressにはブログを効率的にするための「プラグイン」というものがたくさんあります。管理画面左の「プラグイン」をクリックしてみてください。

初期では3つのプラグインが表示されていると思います。この内の2つ「Akismet」と「WP Multibyte Patch」は「有効化」しておきましょう。

「Akismet」は「APIキー」が必要になるので管理画面上に表示されたリンクをクリックして「キーを取得する」から登録を進めてください。

ブログの場合は下記のようなプラグインを入れておくといいと思います。「新規追加」から名前を検索してインストール後有効化してください。

WPtouch
インストールするだけでブログをスマートフォンに最適化してくれます。ありがたい!

Ktai Style
フィーチャーフォン(パカパカ携帯)にも最適化してくれます。

TypePad 絵文字 for TinyMCE
ブログ上でかわいい絵文字を1クリックで使うことができます。

あとは最新の厳選プラグインのまとめのまとめが「NEVARまとめ」にあるのでそちらをご覧ください。

厳選プラグインのまとめ

プログを更新する

WordPress管理画面左の「投稿」をクリックするとすでにサンプルの記事があるのでそれを「ごみ箱」にいれます。

「新規追加」ボタンから「タイトル」「本文」に自己紹介も兼ねてひとつ記事を作成してみましょう。右に「カテゴリ」や「タグ」もあるので指定してみてください。

右の「公開」ボタンを押したら、画面右上にあるブログ名をクリックするとブログに飛ぶので確認してみてください。

同様に「固定ページ」にもサンプルページがあるのでそれを削除して新たにプロフィールページをつくるといいかと思います。固定ページはブログ記事のように時系列で並ぶものではなく、サイトの1コンテンツみたいなイメージのページです。

 

以上でひと通り形になったかと思います!

色々といじりながらカスタマイズしてみてください。何か不明点や間違いはコメントでいただけるとなるべく返信します。

次回はテーマのカスタマイズをもっと勉強してまた更新したいと思います。

Pocket
article clipper 【初心者向け】WordPressを使ってゼロから1時間でブログを公開する方法

2 thoughts on “【初心者向け】WordPressを使ってゼロから1時間でブログを公開する方法

  1. WORDPRESS開設について、これほど初心者に丁寧な解説を見たことがありません。とても分かりやすく手順が整理されています。素晴らしい!
    今後うちの新人さんに紹介して、当社のバイブルとさせていただきます。
    越えてきたノウハウのシェアに感謝申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)