[WordPress]WordTwit3.0のアップデートとbitlyの設定方法

  • あとで読みたい人は…

暑くなって来ましたね、@cappeeです。

WordPressでブログの公開と同時に自動でツイートしてくれる優良プラグイン「WordTwit」が 3.0 にアップデートされました。

6月11日に行われたtwitterのAPIの仕様変更に伴うアップデートになるので、設定を最初からし直さないといけません。

少々厄介だったので「WordTwit3.0」の設定方法と、ついでにURL短縮ツールの「bitly」の設定方法についても一緒にメモしておきます。

WordTwit 3.0 の設定

WordTwit 3.0 の日本語化

まずWordPressの管理画面からWordTwitを3.0にアップデートしてください。

WordTwit 1024x605 [WordPress]WordTwit3.0のアップデートとbitlyの設定方法

管理画面の左側に新しくWordTwitのメニューが追加されますので、「WordTwit Settings」をクリックして設定画面を開き、「General」の下のプルダウンから「日本語」を選んでひとまず保存しておきます。

Twitter Developers の設定

日本語化したら、画面上部の青いアラート部分にある「Configure on Twitter Now »」をクリックすると、twitterのDevelopers画面が開くので該当のアカウントでログインします。

「Create a New Application」ボタンを押して、必須項目を入れていきます。

WordTwit1 720x1024 [WordPress]WordTwit3.0のアップデートとbitlyの設定方法

Nameに「WordTwit」や「WordTwit3.0」と入力すると「WordTwitは既にNameで使われています」というエラーがでました。
もしかすると全アカウント対象で同じ名前にできないのかもしれません。
「ワードツイート」と入力したところ、ひとつのアカウントでは通りましたが、もうひとつの方はダメでした。。
かぶらないためにも適当なわかりやすい日本語がいいかと思います。

次重要です!

WordTwit2 [WordPress]WordTwit3.0のアップデートとbitlyの設定方法

画面上部の「Settings」タブを開いて、「Application Type」にある「Access」を「Read and Write」に変更します。
保存しても元に戻っている時があるので、保存後きちんと設定が変更されているか必ず確認してください。

もし、この設定をしないで、WordPressのWordTwitの設定を進めてしまった場合、WordPressの方を一度リセットしてからやり直すとうまく行きます。

WordTwit3 [WordPress]WordTwit3.0のアップデートとbitlyの設定方法

「Details」タブに戻って、さらに「Access level」が「Read and write」になっているか確認します。

その下に書かれてある「Consumer key(コンシューマー・キー)」と「Consumer secret(コンシューマー・シークレット)」は次のWordPressの管理画面で使用するのでこちらも確認してください。

WordTwit 3.0 の設定

WordPress管理画面の左メニューから「WordTwit 設定」を開きます。

WordTwit4 [WordPress]WordTwit3.0のアップデートとbitlyの設定方法

「Twitter OAuth Credentials」に先ほどの「コンシューマー・キー」と「コンシューマー・シークレット」を入力します。

投稿の文言などを調整する場合は「Publishing Widget」を変更してください。

「ツイート文字数制限を維持するために、投稿タイトルを短縮してください」にチェックを入れると、タイトルが長かった時に140文字以内であっても短縮されてしまうので、私はチェックを外しています。

投稿の表示を変えたい場合は「カスタム」を選択すると文字を編集することができます。

アカウントの追加

WordPress管理画面の左メニューから「アカウント」を開き、「アカウントを追加」をクリックします。

dfa94227903f4cc97b98b0562c9e7656 [WordPress]WordTwit3.0のアップデートとbitlyの設定方法

アカウント許可の画面が開きますので、「連携アプリを認証」を押します。

WordTwit5 [WordPress]WordTwit3.0のアップデートとbitlyの設定方法

アカウント一覧に表示されました。

ここは任意ですが、「プライベートにする」に変更すると、投稿時にどのアカウントでツイートするかを選択することができます。
毎回同じアカウントで投稿する場合、そのまま「共有済み」にしておいて大丈夫です。

以上でWordTwit3.0の設定は完了です!

bitly の設定方法

bitly の API Key

 [WordPress]WordTwit3.0のアップデートとbitlyの設定方法

bitlyにログインして、右上のアカウント名から「SETTINGS」→「ADVANCES」を開きます。

bitly [WordPress]WordTwit3.0のアップデートとbitlyの設定方法

「Legacy API Key」の「Show legacy API key」をクリックするとWordPressの方の入力で必要なAPI Keyを確認することができます。

bitly の設定

WordPress管理画面の左メニューから「WordTwit 設定」を開きます。

bitly1 [WordPress]WordTwit3.0のアップデートとbitlyの設定方法

「短縮方法」で「bit.ly」を選択肢、先ほどの「ユーザーネーム(Login)」と「API キー」を入力すれば完了です。

ツイートを確認する

3260f8469879b7ccc7013d69d4b2e696 [WordPress]WordTwit3.0のアップデートとbitlyの設定方法

投稿画面の右側に設定した通りツイートの表記がされているか確認してください。

3260f8469879b7ccc7013d69d4b2e6961 [WordPress]WordTwit3.0のアップデートとbitlyの設定方法

アカウントを「プライベート」にした場合は、ユーザーアイコンをクリックして、Twitterアカウントを選択する必要があります。
チェックしないまま公開すると、ステータスは「公開済み」になっているのにツイートされてない状態になるので注意です。

582dbbf5f2974bb8dd0e0c0c579687c7 [WordPress]WordTwit3.0のアップデートとbitlyの設定方法

管理画面の「ツイートログ」では、ツイートされなかった場合「失敗」と表示されますのでもう一度設定など問題ないか見直す必要があります。

問題なければ「公開済み」となるので、あとはtwitterの方でも確認して完了です!

【注意】投稿失敗してしまうと投稿数だけURLの最後に「?wt=5」がついてしまいます。
そのツイートのURLからアクセスすると私の本文の上に設置しているようなPocket数などがゼロに表示されてしまうので、気になる場合は失敗した時だけ手動でツイートするなど対処した方が良さそうです。

Pocket
article clipper [WordPress]WordTwit3.0のアップデートとbitlyの設定方法

2 thoughts on “[WordPress]WordTwit3.0のアップデートとbitlyの設定方法

  1. コンシューマー・キーとコンシューマー・シークレットを設定し、
    アカウント登録をしようと「アカウントを追加 »」ボタンを押したのですが、何も反応しません。

    どうしてでしょうか?

    • twitterの方の設定は「Read and Write」になってますか?
      最初から設定を見なおせば直るかも?
      最初から設定し直す時はWordPressの「WordTwit 設定」をリセットしてから書きなおした方がいいかと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>